セミナー申込

もう限界とあきらめず、読んで欲しい。空室対策の本音

空室対策は、知恵の戦い・・・それを支える専門家たち
空室対策は分析が全て

リーシングは当たり前

リーシングは当たり前、今求められるのはビルの特性を分析して、ターゲットを探し出せるかです。駅からの距離、規模、築年数、設備を活かせるか・・さらにリーシング以外にもいくつの対策を打ち出せるか。たとえば、2.3年の短期対策と5年以上の長期対策ではまったく別のアプローチになります。私のやり方は、1フロアの稼働率を金額で150?200%にすることで1フロアが空室でも余裕が生まれるという方法です。
当たり前が通用しない時代にも、必ず解決方法はあります。

ああああ
私たしは、オフィスビル専門の空室対策チームです。
株式会社丸誠

目指すべきは、資産価値の最大化です

有効な空室対策の一つとして考えられている、資産価値の最大化。 そして、その資産価値の最大化に欠かすことができない設備投資。 しかし、費用の問題でなかなか実行に移せないケースも・・・ そこでおすすめするのが、国や地方自治体等が設けている「補助金制度」の活用です。返済の必要のない「補助金」を活用することにより、負担の少ない設備投資が可能になります。 ただ、補助金申請には細かい要件の確認など様々な手続きが必要とされ、多くの時間と手間がかかるのが一般的です。 弊社では、補助金の導入コンサルティングから本工事の施工及び施工監理まで、その補助金制度を積極的に活用したトータルサポートサービスを用意し、低コストによる資産価値最大化のお手伝いをさせていただきます。
詳細はコチラ

ああああ
私たしは、オフィスビル専門の空室対策チームです。
空室対策は分析が全て

1年で3,000社の集客実績(2013年)

一昔前は看板を貼り、FAXで情報を送り、あとは不動産会社任せのリーシングでした。
テナントが誘致できないと、値下げしないと厳しいと言われ、渋々条件変更するも それでも決まらないといったこと、よくある話だったと思います。
高いより安くすれば決まり易くなるのは当たり前ですが、そもそも本当に物件情報が 移転検討企業にきちんと伝わっていたのでしょうか。今、情報取得はITの発展により 情報をもらうから、自ら取りにいける時代になっています。
その最たるがインターネットなのです。
だからこそ、移転検討企業に必要な時に、必要なタイミングで、より詳細の情報を 与えいける手法、Webマーケティング(ネット営業)がテナント誘致に有効なのです。

ああああ
私たしは、オフィスビル専門の空室対策チームです。
成否をわける3つの視点 なぜアットオフィスは空室対策ができるのか?

アットオフィスが空室対策に強い4つの理由

c4 head
point1 テナント集客ポータルサイト アットオフィス

テナント募集サイトの中でも集客力は業界TOPクラス

都内だけで年間3000社以上
(2013年実績)


・1dayアップシステムで24時
 間以内に最新物件情報を更新
 (特許出願中)
・年々集客数が増加している

アットオフィス
point2 レンタル会議室 アットビジネスセンター

[会議室の運営実績]
・延べ3000坪以上の運営実績
・延べ利用者30万人以上の
 利用者
・7000社以上の利用実績
・20万法人のデータベース保有
・1万通以上のメールマガジン

[利用リピート率は業界TOPクラスの70%以上]

アットビジネスセンター
あああ
point3 レンタルオフィス インスクエア

[明確なコンセプト]
40代以上をターゲットにし
た業界唯一のインキュベーション型レンタルオフィス

[営業サポートの充実度]
・PRサポート
・販売代行サポート
・販売マッチング
・アジア進出サポート
・ギネス活用サポート
・テスト販売サポート
・活発な交流会
・毎日1万通のビジネス情報
 配信

[案内成約率50%以上の商品力]

インスクエア
point4 月極駐車場検索 アットパーキング

・月極駐車場のポータルサイト
・都内では2万件以上の物件
 情報数を公開しており業界
 トップクラス
・情報量が多い(車高、車幅、
 重量、料金、利用時間
 、場所、写真)
・車庫証明発行から契約手続き
 までワンストップ対応
・物件を探している方の面倒な
 手続き代行
・東京、神奈川、名古屋、大阪
 広域情報公開情報公開してお
 り、今後全国対応予定。

アットパーキング
# プロフェッショナルチームメンバープロフィール
株式会社丸誠HP
オフィスビルの空室対策のご提案フロー図

セミナー参加か、ご相談を!

セミナーのお申し込みはコチラから ご相談はコチラから いまなら、実績確認ツアー 開催中。百聞は一見にしかず。現場を見ることが解決への第一歩ですお問合せをお待ちいたします
F_Space